安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
香川県坂出市
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日朝4ツ時(午前10時)前から大地震が揺り始め、翌5日朝4ツ時までには数回の激しい揺れがあり、人々は空き地の逃れたり、竹やぶに避難するなどした。11日までに大小90数回の揺れがあり、多くの民家が倒壊した。地震はその後も約2ヶ月半続いた。「阿野郡北村々十一月四日ヨリ六日朝迄大地震ニ付キ諸建物大損書出帳」によると、阿野郡北村々の建物の倒壊は473軒であり、山手の村々の被害はほとんどなく、海岸の埋立・新開地での被害が目立つ。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
綾・松山史編纂委員会編「綾・松山史」(綾・松山史編纂委員会、1986年)、308-309頁及び321頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 諸建物大損書出帳
NO.
香川69

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)、大きな揺れが4日間も続く大地震があり、人々は建物の倒壊や地割れを恐れ、戸外に並べた畳の上や竹藪の中で寝泊まりしたと伝わっている。... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日朝辰の下刻(午前9時頃)、大地震があり、5日夜明けまで5、6度揺れ、人々は林藪に逃げる。5日午後3時頃と8時頃に大地震が... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝辰の下刻に地震が起こり、所々で建物が傷んだという。その夜2、3度小さな地震があり、翌5日申刻に天地が覆るような地震が起... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日正午、少々揺れ始め、5日午後4時頃、大きく揺れ、町内少々傷んだ。同日午後5時頃、大津波が浜之町まで潮が上がった。住民は神... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日辰の刻に強震があり、津波が起こり、第2震があった。第2震の時の津波は高く、立田近くまで寄せてきたという。立田村の人々は山... 続きを読む