昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
香川県さぬき市(長尾町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分に大地震があり、津波が発生した。香川県では大川郡東部で被害が大きかった。海岸部に比べて、山野部では損害が割合に軽かった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
長尾町史編集委員会編「改訂 長尾町史 下巻」(長尾町、1986年)、750頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波
NO.
香川115

よく似た災害

昭和30年の台風22号

昭和30年(1955)9月30日、台風22号により、海岸部で被害があり、三崎町でも被害が大きかった。佐田岬の最大風速は東南東49.6m/sであった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分、大地震があった。時計は止まり、電灯が消えた。勝浦、那賀、海部地方の海岸では津波を伴い被害が大きかった... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月、南海の大地震が起こった。地震は大きくなく、家屋等の被害は割合に少なかったが、海岸線の地盤沈下が70~80cmとひどかった... 続きを読む

昭和49年の台風8号

昭和49年(1974)7月6日、台風8号により、県下東海岸部で被害が大きかった。床上浸水87戸の被害が出た。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県... 続きを読む

明治43年5月の台風

明治43年(1910)5月10日~11日、台風のため、和歌山や香川では被害が大きかったが、徳島では降雨時間が短かったため被害は軽かった。 続きを読む