昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
香川県さぬき市(津田町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時20分、大地震が発生した。津田町では山口町、本町、伊勢町、東町、中町方面で特に被害が甚大で、屋根瓦の崩落、燈籠・土塀・墓石の倒壊のほか、鶴羽西代川の右岸と高徳線西町踏切より相地寄り50mの地点では地割れができた。また、地震を境に、海岸沿いの地盤沈下が進み、台風の時などには屋根は波をかぶり、床下に塩水が侵入するようになった。地盤沈下は、昭和30年頃までに70cm程となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
津田町史編集委員会編「再訂 津田町史」(津田町、1986年)、816-817頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 地割れ 地盤沈下
NO.
香川120

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震により、詫間町の海岸線では60cmもの地盤沈下が起こった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、徳島臨海平野では数十cmの地盤沈下が生じた。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により、後遺症として地盤沈下が続いた。海岸施設は弛緩、崩壊、田畑浸水、飲用井戸は塩分が濃厚となった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、大地震が襲った。瀬戸内海沿岸では地盤沈下が顕著になった。建設省地理調査所の測量結果によると、新居浜付... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道地震。地盤沈下のため、海岸保全工事が必要となった。 続きを読む