昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
香川県三木町
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日夜半、大地震が起こり、家屋が倒れ、道路が破損し、鳥居や石灯籠等が倒れた。氷上の堀切池の堤防が下の方で50~60m程東西に崩れた。決壊寸前で大事には至らず、死傷者、家屋の流失もなかった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三木町史編集委員会編「三木町史」(三木町、1965年)、375頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 堀切池
NO.
香川126

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、広見町では家が揺れ動き、タンスが今にも倒れそうになった。地震は数分間のものであったが、翌朝には土蔵... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により屋根瓦が落ち、塀が倒れ、家が傾き、棟が落ちた。被害は三井東西、真天南部、山階南部、向井で大きかった... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、大地震が起こった。夜が明けると、多くの石垣が倒れ、家屋はほとんどが西方に傾いていた。奈半利町の被害は... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、大地震により町内の墓地や庚申塔が倒れたと伝えられている。町内の至る所で、山畑の崩壊があったものと思われる。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により、香川県下の被害は死者51人、重傷16人、軽傷259人、家屋の全壊608戸、半壊2,409戸に及ん... 続きを読む