昭和20年の大雨

災害年月日
1945年10月08日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)10月8日、大雨により大洪水となり、浸水多く被害大きかった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
観音寺市教育委員会編「観音寺市誌」(観音寺市、1962年)、757-758頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水
NO.
香川2521

よく似た災害

昭和2年の大雨

昭和2年(1927)4月1日より、発達した低気圧が南岸沖を通過したため降雨となり、3日には降雨が甚だしく12時に大洪水となり、4日1時30分に最高とな... 続きを読む

昭和19年の台風

昭和19年(1944)9月17日、台風来たり、被害大きかった。 続きを読む

天保8年5月の大雨

天保8年(1837)5月21日、大雨により山林、家宅崩れ、流田など大被害、人も数多く被害。(「加茂社記」による) 続きを読む

昭和29年6月25日の大雨

昭和29年(1954)6月25日、土佐清水と県東部で大雨があった。雨量は土佐清水で268ミリ、室戸で117ミリとなり、被害は床上浸水85戸、床下浸水2... 続きを読む

昭和2年4月の大雨

昭和2年(1927)4月3日、低気圧が南岸沖を通過し、大雨となった。1日から降り始めた雨は3日最も強く、4日午後まで続いた。芳生野方面で400ミリ、魚... 続きを読む