明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
香川県三豊市(仁尾町)
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日、大暴雨風により四国各地は洪水の被害に見舞われた。別子山村からも多数の人々が濁流に押し流され、一部は国領川から瀬戸内海へ出て、数日後、おびただしい流木などとともに33人の死体が仁尾の浜に打ち上げられた。仁尾の人々は、33人の遺体を南の墓地に埋葬し、3回忌に高さ2.3mの供養塔「溺死三十三霊之塔」を建立した。
地理院地図
Googleマップ
備考
溺死三十三霊之塔は、仁尾町の南墓地に建立されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
仁尾町誌編さん委員会編「新修 仁尾町誌」(仁尾町、1984年)、519-520頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 別子銅山 死者 溺死三十三霊之塔
NO.
香川2851

よく似た災害

明治32年の洪水

image

明治32年(1899)8月28日、大雨が降り続き、各所で濁流により多くの人家が流された。仁尾の海岸には、難破船とともに33の遺体が打ち上げられた。これ... 続きを読む

明治32年の台風

image

明治32年(1899)8月28日、四国地方に襲来した暴風雨による山崩れ・洪水により、新居郡・宇摩郡の死者は1,200余人に及んだ。このうち33人の遺体... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月5日午後4時、地震が起こり、7日に最も激しい地震があった。人々は三本松などに避難した。5日午後6時頃、津浪が押し寄せて、40... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)11月20日、伊勢湾台風(台風15号)により、白鳥港、須賀海岸の防波堤が崩壊。激波のため無数の鳥貝が海岸が打ち上げられた。(「香... 続きを読む

明和8年の台風

明和8年(1771)8月20日夜から大暴風雨となり、長法寺の銀杏の大木が倒れて本堂にもたれた。福田寺の大松が大門にかやり、人家の瓦はほとんど飛び、漁船... 続きを読む