明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
愛媛県新居郡、宇摩郡
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治32年(1899)8月28日、四国地方に襲来した暴風雨による山崩れ・洪水により、新居郡・宇摩郡の死者は1,200余人に及んだ。このうち33人の遺体は、5日後に香川県の仁尾海岸に漂着した。仁尾町の人々は手厚く葬り、3回忌には「溺死三十三霊之塔」を建立した。
Googleマップ
備考
溺死三十三霊之塔は仁尾町の南墓地に建立されている。
参考画像
参考文献
新居浜郷土史談会「溺死三十三霊慰霊法要-香川県三豊郡仁尾町-」(新居浜郷土史談会編集部編「郷土史談 第99号」新居浜郷土史談会、1982年)、1-6頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ 洪水 死者 溺死三十三霊之塔
NO.
愛媛1565

よく似た災害

明治32年の洪水

image

明治32年(1899)8月28日、大雨が降り続き、各所で濁流により多くの人家が流された。仁尾の海岸には、難破船とともに33の遺体が打ち上げられた。これ... 続きを読む

昭和29年の台風13号

昭和29年(1954)9月13日、台風13号が来襲し、仁尾海岸一帯は浸水した。 続きを読む

明治32年の台風

image

明治32年(1899)8月28日、大暴雨風により四国各地は洪水の被害に見舞われた。別子山村からも多数の人々が濁流に押し流され、一部は国領川から瀬戸内海... 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)9月、洪水により、波田村のうち宮上地区20戸余がすべて流失、酒家の主人は倉を死守しようとしたが、翌朝菊間の海岸に腰に千金を縛りつ... 続きを読む

明治42年の台風

明治42年(1909)8月6日、台風により、梼原の降雨量167ミリ。(「高知県災異誌」による)/南予漁民遭難し、大部は大分県に漂着。 続きを読む