明治36年の地震

災害年月日
1903年03月21日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
地震・津波  
概要
明治36年(1903)3月21日、周防灘を震源とする地震により、大洲町近傍ではすわりの悪い器物が倒伏し、山頂から岩石崩壊して道路を埋めたところもあった。数回の余震が続いた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
双海町編「双海町誌」(双海町、1971年)、23頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震
NO.
愛媛219

よく似た災害

明治36年の地震

明治36年(1903)3月21日、伊予灘を震源とする地震により、大洲町近傍では器物が倒壊し、山頂から岩石崩壊して道路を埋めたところもあった。数回の余震... 続きを読む

明治37年の地震

明治37年(1904)9月21日、伊予灘を震源とするM6.6の地震により、大洲町付近で器物が倒壊し、山頂より岩石が落下し道路を埋めた所があった。 続きを読む

昭和60年の永井町の山腹崩壊

昭和60年(1985)7月2日の大雨で水井町の県道大井~中島線で山腹が崩壊し、約200立方mの土砂が道路を埋めた。 続きを読む

明治25年の保瀬の崩壊

image

明治25年(1892)7月、豪雨により、海南町保瀬で大崩壊が起こり、47人の犠牲者を出した。この時も、高磯山の崩壊と同様に、崩壊した土砂が河谷を埋めて... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午後1時から3時頃に大地震が発生した。4日から7日まで、1日に8、9回の余震が続き、人々は屋外の仮小屋で過ごした。その後... 続きを読む