宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、五畿七道にわたり地大いに震い、続いて九州の南東部より伊豆に至るまでの沿海の地は悉く津波に襲われ、震災全部を通じて家潰れ29,000戸、死者4,900人に及んだ。また土佐では地形変動を生じたところあり。(「大日本地震史料」による)大地震につき、御城内所々破損、田503町2反余、家屋その他流出多数鵜、死者8人、半死24人。(「伊達家城内日記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、62頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 死者 大日本地震史料 伊達家城内日記
NO.
愛媛301

よく似た災害

元禄7年の地震

元禄7年(1694)閏5月25日壬辰、伊予地大震。(「大日本地震史料(野史)」による)/伊予国で大地震、火事。(「大日本地震史料(続日本王代一覧)」に... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月、地震。(「大日本地震史料」による) 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月、地震。(「大日本地震史料」による) 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、五畿七道にわたり地大いに震い、続いて九州の南東部より伊豆に至るまでの沿海の地は津波に襲われた。震災全部を通じて死者4,... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、五畿七道にわたり地大いに震い、続いて九州の南東部より伊豆に至るまでの沿海の地は津波に襲われた。震災全部を通じて死者4,... 続きを読む