明治43年5月の台風

災害年月日
1910年05月10日
市町村
香川県
災害種類
風水害  高潮  
概要
明治43年(1910)5月10日、ルソン島付近に発生し、四国沖を通過した台風のため、風も雨も強く、県下全般に被害を受けた。満潮時の高潮と山間部の雨量に起因して、海岸では渡船・伝馬船の転覆・流失、海岸防波堤の破損、海水侵入、内陸では洪水、堤防決壊、田畑・住家への浸水、橋の流失等多くの被害が出た。また、夏作は3割の減収であった。(気象庁「気象要覧」による)/県内の雨量50~150ミリ。(月表による)/多度津の最大風速は北22.9m/秒であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、17頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 高潮 洪水 堤防決壊 気象要覧
NO.
香川5247

よく似た災害

大正元年9月の台風

大正元年(1912)9月22日~23日、台風により、県内では約40時間降雨が続いた。このため、河川は増水氾濫して大水害を起こし、人畜の死傷、田畑の流失... 続きを読む

大正13年10月の台風

大正13年(1924)10月8日、台風により、香川県内では大川郡の被害が最も多く、橋の流失、堤防等の被害があった。県内の雨量は10~150ミリであった... 続きを読む

大正4年8月の台風

大正4年(1915)8月4日~5日、台風のため、丸亀では土器川が増水し、堤防が決壊して一面海となった。また、下善通寺では堤防護岸の崩壊、橋の流失等の被... 続きを読む

明治25年の台風

明治25年(1892)7月23日、中心気圧977hpの台風が高知市付近に上陸し、北へ進んで日本海に通り抜けた。雨量が多く、特に吉野川の洪水は記録的なも... 続きを読む

大正14年9月の台風

大正14年(1925)9月17日夜、台風が九州中部に上陸し、瀬戸内海を北東進した。徳島県内の雨量は100~200ミリに過ぎなかったが、吉野川上流地域で... 続きを読む