大正7年9月の台風

災害年月日
1918年09月14日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)9月14日、台風により短時間に大雨が降ったため、各河川は急に増水して洪水となり、県下全般に水害を被った。中でも新川、郷東川、綾川、土器川、金倉川、高瀬川、財田川の沿線地方では被害が特にひどかった。県内の雨量は40~350ミリであった。被害は死者17人、行方不明4人、負傷者4人、家屋の全壊131戸、半壊70戸、流失94戸、浸水11,529戸、堤防決壊226箇所、田畑浸水1,141町、漁船流失19隻等に及んだ。(気象庁「気象要覧」等による)/多度津の最大風速は北30.1m/秒であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、27頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 大雨 洪水 死者 気象要覧
NO.
香川5292

よく似た災害

大正6年10月の台風

大正6年(1917)10月10日~11日、台風による風雨は県東部で強く、その損害も東部で大きかった。大川郡相生村(引田町)ではため池の堤防が決壊して、... 続きを読む

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日、洞爺丸台風により、県内では西よりの強風とやまじ風のため風害が顕著であった。観音寺、琴平で家屋の全壊・半壊の被害が大き... 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月、台風により、被害は死者3人、重傷者2人、住宅の全壊34戸、半壊37戸、大破47戸、流失1戸、非住家の全壊34棟、半壊37棟、... 続きを読む

大正7年7月の台風

大正7年(1918)7月11日~12日、台風により、新川、香東川等の河川は増水し、多少の損害があった。翌朝まで続いた暴風雨は県東部で強く、被害も東部で... 続きを読む

大正7年9月の台風

大正7年(1918)9月14日、台風により、降雨時間は割合短かったのに雨量が多かったので、各河川は14日午後急に増水して大洪水となった。新川、郷東川、... 続きを読む