昭和39年2月の大雪

災害年月日
1964年02月24日
市町村
香川県
災害種類
雪害  
概要
昭和39年(1964)2月24日、南岸に前線が停滞して雪となり、積雪は竜王山で1m、大楢で30cmとなり、山間部の8校が午後から臨時休校となった。また、バス路線は山間部では全線運休となり、国鉄ローカル線4本が運休となった。さらに丸亀北方海上では鉱石運搬船(2,128.2トン)が雪による視界不良のため座礁等の被害があった。(四国新聞による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、79頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
大雪 バス運休 船舶座礁
NO.
香川5485

よく似た災害

昭和27年2月の強風

昭和27年(1952)2月6日正午頃、強風のため、小豆島南方海上で運搬船が転覆し、3人が行方不明となった。(四国新聞による) 続きを読む

昭和31年1月の大雪

昭和31年(1956)1月9日、前日からの雪で、山間部では積雪が40cmとなって、山間部のバスは運休した。(四国新聞による) 続きを読む

昭和34年1月16日の大雪

昭和34年(1959)1月16日~17日、山間部の積雪が30~50cmとなり、山間部の県道・国道で通行止めとなった所がある。(四国新聞による) 続きを読む

昭和28年3月の大雪

昭和28年(1953)3月28日~29日、低気圧が四国南方海上を通ったため雪となり、平野部で5cm、山間部で5~30cmの積雪となった。季節遅れであっ... 続きを読む

昭和48年12月24日の大雪

昭和48年(1973)12月24日、寒波に見舞われた。24日9時の積雪は徳島3cm、穴吹4cm、鳴門3cm、一宇17cm、京上13cmとなった。このた... 続きを読む