安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
高知県東洋町
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月4日朝五ツ半時、大地震が半時ばかり甚だしく、甲浦の港では小船等を打ち上げたが、人家の庭まで来ずに引き潮になった。また、翌5日七ツ半時、大地震が来て前日より10倍も強かった。沖から二丈ほどの大潮が押し来たったので、人々は山に逃げ上る者、船に乗る者など大騒ぎになった。山に逃れた者はすべて無事であったが、船に乗った者は潮に引かれて死者18人に及んだ。(小池の村山氏記録による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
寿美金三郎著「甲浦物語」(東洋町、1968年)、64-67頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 甲浦 死者
NO.
高知8

よく似た災害

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日に地震が、5日には大地震と大津波が起こった。田井税伯「震潮記」には、このような場合には決して船に乗ってはならない、船に乗... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝早く地震、5日7ツ時大震り、その夜5ツ半時分、また大震り。(教法寺の過去帳による)また、11月4日、5日大地震、その後... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日午前9時頃地震が起こったが、気にするほどのものではなかった。翌5日は晴れ渡り、風もない静かな日であり、人々は刑部籔三社大... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日午前9時頃地震が起こったが、気にするほどのものではなかった。翌5日は晴れ渡り、風もない静かな日であり、人々は刑部籔三社大... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日午前9時頃地震が起こったが、気にするほどのものではなかった。翌5日は晴れ渡り、風もない静かな日であり、人々は刑部籔三社大... 続きを読む