大正7年の洪水

災害年月日
1918年09月14日
市町村
香川県土器川流域
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)9月14日、大洪水、堤防決壊、土居、風袋町、瓦町、上金倉、下金倉などで床上浸水、下井、高津、新田の一部で収穫皆無。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局香川工事事務所編「土器川-直轄改修20周年を迎えて-」(四国建設弘済会、1988年)、23頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 堤防決壊 土器川
NO.
香川5702

よく似た災害

大正7年の洪水

大正7年(1918)9月14日、大洪水により堤防が決壊し、下井、高津、新田の一部が収穫皆無となった。 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)9月14日、激しい暴風雨があり、土器川と金倉川が氾濫した。土器川沿いの土居町、風袋町、瓦町で床上浸水したところが多かった。金倉川の... 続きを読む

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)、木太町で干ばつ。甚大な被害を受け、ほとんど収穫皆無であった。 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)、東予地方大水害。渦井川、加茂川大出水。西條町付近は本町と四軒町の一部を除いて床上浸水無数。竹之巷にあった高等女学校の寄宿舎の生徒... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日より24日及び10日2日、洪水により、水量は田地上1丈となった。但し、潮水浸入は約5尺であった。堤防214間が決壊し、被... 続きを読む