大正7年の洪水

災害年月日
1918年00月00日
市町村
香川県土器川流域
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)、大洪水により、土器川の沿川一帯が激甚な災害に見舞われた。大正元年及び大正7年の洪水を契機に、香川県が河川改修に着手した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
鈴木幸一「四国における自然災害 洪水」(土質工学会編「土と基礎Vol.39-9」土質工学会、1991年、所収)、61頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
洪水 土器川
NO.
香川5934

よく似た災害

大正7年の洪水

大正元年(1912)の洪水及び大正7年(1918)の洪水を契機に、那賀川沿岸の住民は改修の必要を訴えた。この結果、那賀川は大正12年(1923)に重要... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)の洪水及び大正7年(1918)の洪水を契機に、那賀川沿岸の住民は改修の必要を訴えた。この結果、那賀川は大正12年(1923)に重要... 続きを読む

昭和20年の洪水

昭和20年(1945)9月、重信川では大洪水により、家屋の浸水約11,200戸の被害を蒙った。昭和18年及び昭和20年の洪水を契機として、昭和25年か... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、大干ばつ。この年の干ばつを契機に、平田平七は同年12月に宝池の増築に着手し、翌年5月に竣工した。 続きを読む

享保7年の洪水

享保7年(1722)6月23日、重信川の大洪水により、流失家屋・潰家1,478軒、死者88人、田畑3,262町余の被害が出た。享保6年及び7年の洪水を... 続きを読む