昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
高知県室戸市
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が襲来した。室戸岬測候所の観測によると、瞬間風速65~70mの世界最大級の記録で、風速計が壊れた。被害は、家屋全壊40戸、半壊500戸、負傷者20人であった。この時の時化で、庄屋の山の名木「二本松」が倒壊した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
佐喜浜郷土史編集委員会編「佐喜浜郷土史」(佐喜浜郷土史編集委員会、1977年)、411-412頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風
NO.
高知1626

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月17日~22日、室戸台風により、今治で風速23m、家屋の全壊6戸、半壊25戸、田畑冠水1,000町歩、道路損壊24箇所、負傷者... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月17日~21日、室戸台風。死者行方不明30人、負傷者7人、家屋全半壊156戸、家屋流失71戸、家屋浸水6,314戸など。(「愛... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日朝、前夜来の暴風雨は猛威をふるい、風速計が壊れて確実に知ることができないが、風速61mを称される空前の風速となった。南東... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸に秒速70m以上(室戸岬測候所の風速計が吹き飛んだ)の台風が上陸した。安田町では死者5人、家屋の全壊・流失133戸... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸岬が襲来した。室戸岬測候所の風速計が60mの風速を記録したまま吹き飛ばされたほどの猛烈な台風で、高岡でも住宅の倒壊... 続きを読む