昭和30年の大雪

災害年月日
1955年12月00日
市町村
高知県高吾北
災害種類
雪害  
概要
昭和30年(1955)12月中旬から翌年3月上旬にかけての降雪により、越知以北の路面から2ヶ月以上にわたり雪が消えることなく、佐川付近でも蔭地の雪はその間消えず、奥地では豪雪による被害が多かった。
地理院地図
Googleマップ
備考
高吾北とは、佐川町、越知町、仁淀川町のエリアである。
参考文献
明神健太郎編「佐川郷史」(明神健太郎、1972年)、502頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
高知1970

よく似た災害

昭和30年・31年の雪

昭和30年(1955)12月中旬から翌年3月上旬まで毎日間断をおいて降り続いた雪は消える間もなく、蔭地の雪は2ヶ月以上そのまま凍結して、植林や竹林など... 続きを読む

昭和43年の大雪

昭和43年(1968)2月14日夜半から15日午後にかけて雨をともなった西の風は最大風速28.9mの暴風となった。この雨が15日明け方から雪に変わり、... 続きを読む

昭和43年の大雪

昭和43年(1968)2月14日から15日の豪雪により町内で20cm、山間部で50~90cmの積雪となった。道路上は立ち往生のため乗り捨てた車で混乱を... 続きを読む

昭和38年の大雪

昭和38年(1963)1月9日、年末来の雪は平地部でも20cmの積雪となった。通学困難で臨時休校した学校もあった。約1ヶ月間は交通機関が途絶し、2月中... 続きを読む

昭和59年1月18日の大雪

昭和59年(1984)1月18日~19日、低気圧が四国沖を通ったため、徳島県は里雪型の大雪となった。19日9時の積雪は池田19cm、半田21cm、徳島... 続きを読む