大正9年の台風

災害年月日
1920年08月15日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
大正9年(1920)8月15日、台風が足摺に上陸した。越知の雨量は14日~16日の3日間で604ミリで、大洪水となった。県下の死者は186人、全壊・半壊652戸、その他被害甚大であった。(「高知県災害異誌」、「渡川史」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、294頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 洪水 死者 高知県災害異誌
NO.
高知2216

よく似た災害

大正14年の台風

大正14年(1925)9月17日、台風による大雨で、大豊村から高知にかけて400ミリ以上の豪雨となった。大滝では観測所が流失し、香美郡の死者は35人に... 続きを読む

昭和40年の豪雨

昭和40年(1965)9月15日、前線が北上中の台風24号に刺激されて県下全体に豪雨となり、午後2時に池川町では1時間雨量が50ミリを越して、仁淀川は... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)7月12日、台風が豊後水道を北上し、2日間連続の大雨となり、仁淀川大洪水となった。名野川の雨量は566ミリで、堤防決壊した。全壊・... 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月、大暴風雨により、御荘町その他各地で家屋が倒壊し、圧死者も出た。御荘町内の死者は中浦1人、菊川1人であった。 続きを読む

明治32年9月の台風

明治32年(1899)9月21日、台風が九州西岸を北上した。雨量は20日に360ミリ、21日に421ミリとなった。この年、県下の死者は104名、負傷者... 続きを読む