大正9年の台風

災害年月日
1920年08月15日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正9年(1920)8月15日、台風により、南予地方で特に雨量が多く、大山津波が起こり、多数の死傷者が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、57頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山津波 死者
NO.
愛媛1212

よく似た災害

大正9年8月の台風

大正9年(1920)8月15日、台風により、南予地方に特に雨量が多く、大山津波が起こり、多数の死者を出す。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡... 続きを読む

大正9年8月の台風

大正9年(1920)8月15日、台風により、雨量224ミリを記録。南予地方で特に雨量多く、大山津波起こり、多数の死傷者を出す。(「愛媛県史」による) 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月15日、台風により、東予、南予で降雨多く、御荘では大山津波起こり、多数の死傷者を出した。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月15日、台風は四国西部を通過し、瀬戸内海より北東に進路を変え、日本海に出た。南予及び東予で降雨が多く、特に南予の御荘では15日... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、紀州沖大地震による津波のため、牟岐、浅川で250人が流死したほか、徳島の城下でも士族屋敷や民家が倒れ、多数の死傷者が出... 続きを読む