慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
高知県黒潮町(佐賀町)
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、地震と津波により、佐賀で被害があった。坂本家の記録によると、「地震潮入の時浜崎にあり、母を背負いて城山に逃る。祖先巻物、知行折上、元親功の書簡等旧記悉く流失す」(「坂本弥太郎重金記」による)この地震で安芸郡で3,806人の死者があったと伝えられている。伊与木郷でも相当大きな被害があったと思われる。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大塚政重著「佐賀町郷土史」(佐賀町教育委員会、1965年)、50頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
慶長地震 津波 坂本弥太郎重金記 死者 伊与木
NO.
高知182

よく似た災害

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、M7.9の地震が発生。谷陵記では、地震と津波により、佐喜浜で50余人、室戸方面で400人、甲浦で350人の死者があっ... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震があった。当時は山内一豊が入国して間もない頃で記録がなく、後年谷泰山、奥宮正明などの筆記によるものがあるに過ぎ... 続きを読む

慶長2年の地震

慶長2年(1597)、M6.9の地震により、別府で死者40人。この地域でも震害があった。(「愛媛県気象史料」、「愛媛県土地保全資料」等による) 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日夜、大地震が起こり、夜半に津波が押し寄せた。安芸郡を中心に東部海岸の被害が特にひどかったと言われている。(谷秦山らの筆... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震があり、土佐国田苑50万頃が陥没し、さらに11月3日の余震で大津波があった。この地震で黒田郷が消え去ったと伝え... 続きを読む