嘉永2年7月の風雨

災害年月日
1849年08月26日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
嘉永2年(1849)7月9日、大風雨。7月10日も大雨、北東の風が強く、樹木が倒れる。中村町は海のようになったという。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
蕨岡村史編纂委員会編「蕨岡村誌」(蕨岡村史編纂委員会、2002年)、622頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨
NO.
高知2775

よく似た災害

嘉永2年7月の風雨

嘉永2年(1849)7月9日、大風雨、夜に入っても止まず出水。10日5ツ時(8時)よりまた大風雨となり、弘化3年と同様に風強く樹木が倒壊した。11日出... 続きを読む

安政4年7月の台風

安政4年(1857)7月1日、大風により、池田で倒れた家が10軒以上もあったという。足代村の教法寺の過去帳によると、7月朔日朝9ツ時まで大風につき、セ... 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月9日、吉野川大洪水。この時、麻植郡鴨島町牛島の堤防が決壊し、破堤部から石井町に向けて濁流が押し寄せ、浦庄、高原、高川原などが... 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)、大風洪水により田畑海のようになった。溺死100余人、牛馬も同様。米、金を施与。 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月7日、8日、洪水により、四万十川の岩崎堤防が再び切れて、中村町は磧原と化し、中筋川沿線のような川窪の村はほとんど全滅して荒涼た... 続きを読む