明治18年の台風

災害年月日
1885年07月01日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治18年(1885)7月1日、暴風雨により、出水し、堤防破壊。家は流され、田畑は損害を受ける。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
蕨岡村史編纂委員会編「蕨岡村誌」(蕨岡村史編纂委員会、2002年)、623頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水
NO.
高知2791

よく似た災害

明治18年の台風

明治18年(1885)7月1日、暴風雨、出水。各地方堤防破壊し、家屋・橋梁流失。田畑損害、死傷多し。 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月11日、大暴風雨により、家屋の倒壊、その他甚だしい損害を受けた。 続きを読む

明治18年7月の台風

明治18年(1885)7月1日、台風が紀伊半島より佐渡へ抜けた。中村町資料には「暴風雨出水、堤防破壊し家橋流れ田畑損傷、死傷多」と記されている。 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月1日、七日間降り続き、未曾有の大氾濫となる。田畑は荒地と化し、人畜、農作物、堤防などに大被害を受ける。(「板野郡史」による)(... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日午後9時から26日午前4時にかけて、台風による暴風のため、人家の破壊5軒、半倒2軒、建物の破壊1棟、樹木損害25本、ま... 続きを読む