慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
高知県黒潮町(大方町)
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、大地震があった。当時は山内一豊が入国して間もない頃で記録が備わらず、後年谷泰山、奥宮正明などの筆記によるものがあるに過ぎない。それらによると、12月16日夜に大地震が起こり、夜半になって大潮が入り、浦々に被害が多く、中でも安芸郡方面では甚だしく、死人が数百人に上ったという。大方に関する記録に著しいものがなく、詳細は不明であるが、相当激しいものであったろうを想像される。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大方町史編集委員会編「大方町史」(大方町教育委員会、1963年)、144頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
慶長地震 津波 死者
NO.
高知197

よく似た災害

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震があった。当時は山内一豊が入国して間もない頃で記録がなく、後年谷泰山、奥宮正明などの筆記によるものがあるに過ぎ... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1904)12月16日、東海、南海、西海道で大地震。阿波、土佐、讃岐とも大地震で、伊予でも大地震があったものと推定されるが、伊予に地震があっ... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月、大地震があり、夜半に大津波が起こって、田野平野は一面に海水が入り、潰家や死者も相当あったようである。 続きを読む

慶長元年の地震

慶長元年(1596)、地震が発生し、畿内地方で被害が大きく大阪城の石垣の一部が崩れたという記録があるが、讃岐には明確な記録が残っていないので分からない... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震が発生した。土佐国では、崎浜で50人溺死、西寺、東寺の麓では400人、甲浦では350人溺死と、谷陵記に記録され... 続きを読む