大正元年の洪水

災害年月日
1912年09月23日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月22日午後2時より大雨となり、午後11時30分より翌23日午前1時30分まで暴風雨が猛烈を極め、午前6時5分に浸水が全町に及んだ。道路・堤防等の破損、家屋の浸水・流失多かった。前年8月15日の洪水と大差なし。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
中村町編「中村町風水害史」(中村町、1938年)、15頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水
NO.
高知2870

よく似た災害

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日午後2時より大雨となり、11時30分より翌23日午前1時30分の間に最も猛烈となり、6時5分全町に浸水。道路、堤防等の破... 続きを読む

大正元年の大雨

大正元年(1912)9月22日午後2時頃より大雨となり、11時半頃より翌23日午前1時半ころまで暴風猛烈を極め、午前6時過ぎ全町に浸水した。道路堤防の... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日夜中に、台風が県の東部海岸をかすめて北上した。22日の雨量は大正300ミリ、梼原328ミリ、中村225ミリで、20日~2... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)8月24日、大暴雨により、富田村では河川が決壊し、宮川橋、爛川橋、石川橋、落合橋が落ち、富田中で堤防決壊180間、道路決壊2箇所6... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日夜から23日午前にかけて襲来した台風により、春日川上流の西植田村では家屋の流失・浸水、中谷青池の堤防決壊、道路の破損等の... 続きを読む