昭和10年の洪水

災害年月日
1935年08月28日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)8月28日、四万十川は明治23年(1890)以来の大洪水に見舞われた。「具同水位は計画洪水位を四十二センチ越えて四万十川橋台の頂上を洗い、県道の岩崎堤防を通過する地点から、溢れる水の高さとなり、沿岸平野部はすべて水深五~九メートルに浸水し、耕地、宅地三千七百ヘクタールは全く泥海と化し浸水家屋約四千八百戸を数えた。」(「中村町風水害史」、「渡川改修四十年史」による)/この本には当時の洪水体験談や災害記録、犠牲者ゼロの奇跡についてなどが記載されている。
地理院地図
Googleマップ
備考
中村市楠島の中筋川の堤防上に出水記録が設置されている。
参考文献
金井明著「四万十川赤鉄橋の町」(高知新聞社、1997年)、30-41頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 四万十川 中村町風水害史 体験談 犠牲者ゼロ
NO.
高知2875

よく似た災害

昭和10年の洪水

昭和10年(1935)8月27日~28日、四万十川の大洪水で、中村市中は大水害となった。 続きを読む

明治19年8月の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から東北風の暴風雨となり、21日にはますます猛烈となり、正午頃から水量増加、午後2時頃家屋浸水、家具、木材、... 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)、四万十川は平水位より2丈9尺5寸(8.94m)増水、本町で床上浸水3~4尺、右山長池堤防決潰。 続きを読む

昭和10年の台風

昭和10年(1935)8月28日、台風により、上流の新田で765ミリ、大正で785ミリ、好藤で245ミリ、下流の具同で398ミリの雨量を記録した。この... 続きを読む

万治元年の洪水

万治元年(1658)9月16日、洪水により、死者12人、流失家屋347戸、損壊家屋684戸。(四万十川の主な洪水の歴史による) 続きを読む