安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月4日、5日、大地震が起こった。大西家文書には、11月5日昼7ツ時、大地震により家、蔵とも潰家となり、まもなく大潮が入来たり、浦分の在家・蔵とも一軒も残らず流失したことなどが記されている。また、中浜村の池道之助清澄著「嘉永七年寅年地震津浪記」には、「下の茅浦汐大入流家有、ゑごの田へ廻船市艇干あがり候、ごみの家の田に市艇あかる。下茅の浜分不残家流失」とある。さらに、五味天満宮の地震碑には「十一月四日すつなみ来り五日大地震まもなく大潮入来る」などと記されている。
地理院地図
Googleマップ
備考
下の加江の五味天満宮境内に安政地震の碑がある。もともと伊豆田坂にあったが、昭和31年の伊豆田トンネル工事のため移設された。
参考画像
参考文献
橋本登著「下茅の歴史」(橋本美恵子、1970年)、60-62頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 大西家文書 嘉永七年寅年地震津浪記 下の加江 五味天満宮
NO.
高知208

よく似た災害

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月5日昼7ツ時、大地震により家蔵とも潰家になり、間もなく大潮入来たり、浦分の家蔵とも一軒も残らず流家となった。(「大西家文書」... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日、5日に地震が発生し、その後翌年1月まで余震が続いた。野根浦大庄屋安岡家に伝わる「嘉永七年十一月四日寅大変日記覚」には、... 続きを読む