安政元年の地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月5日昼7ツ時、大地震により家蔵とも潰家になり、間もなく大潮入来たり、浦分の家蔵とも一軒も残らず流家となった。(「大西家文書」による)/また、中浜村の池道之助清澄「嘉永七寅年地震津浪記」では、下の加江については「下の茅浦汐大入流家有、ゑごの田へ廻船市艇干あがり候、ごみの家の田に市艇あかる。下茅の浜分不残家流失」と記されている。五味の天満宮には、安政地震による大津波に関する碑が建っている。
Googleマップ
備考
五味の天満宮には安政地震津波に関する石碑が建立されている。
参考画像
参考文献
橋本登著「下茅の歴史」(橋本美恵子、1975年)、60-62頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
安政南海地震 津波 大西家文書 下の加江 嘉永七寅年地震津波記
NO.
高知1027

よく似た災害

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日、5日、大地震が起こった。大西家文書には、11月5日昼7ツ時、大地震により家、蔵とも潰家となり、まもなく大潮が入来たり、... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)の南海地震により、池道之助「嘉永七年寅年地震津浪記」によれば、足摺岬半島の南部が隆起し、北部が沈降したことが分かる。この報告では、... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日に安政東海地震が、また翌5日に安政南海地震が起きた。本報告では、2つの地震の日月異常と火柱現象に関する徳島県の文献として... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日にわたり大地震が発生した。安政地震による中土佐町の被害の様子を示す資料として、「三災録」、「嘉永甲寅年大地震筆記」... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)、南海地震が発生した。海陽町宍喰に現存する古文書「震潮記」には安政南海地震による約1年間に及ぶ余震の記録が残されている。この研究で... 続きを読む