元禄15年の台風

災害年月日
1702年08月21日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
元禄15年(1702)7月28日、暴風雨により、東中筋村は浸水10余日、稲は枯死した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
上岡保次郎「義民中平宗兵衛」(土佐史談会編「土佐史談 第61号」土佐史談会、1937年)、109頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 東中筋村
NO.
高知3096

よく似た災害

元禄13年の風雨

元禄13年(1700)6月晦日より、東中筋村は大風雨のため、植え付けた稲が枯死した。 続きを読む

元禄14年の干ばつ

元禄14年(1701)4月より6月まで、東中筋村では大干ばつとなった。 続きを読む

寛延元年の干ばつ

寛延元年(1748)6月から7月下旬まで一滴の雨も降らず、田圃は亀裂を生じ、稲は枯死した。 続きを読む

元禄15年8月の大雨

元禄15年(1702)8月、大雨のため、10余日浸水。 続きを読む

文政11年の干ばつ

文政11年(1828)8月、雨の降らぬことが85日におよび、作物は枯死し、飲料水は枯渇し、村民は困窮した。これを文政の大干ばつという。 続きを読む