昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
地震・津波  火災  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、潮岬の南南西役50kmの沖合で大地震が起こり、海岸地帯には大津波が来襲した。理科年表によると、幡多郡下の被害は死者320人、負傷者1,0171人、家屋の倒壊2,739戸、半壊3,302戸、流失8戸、浸水700戸、焼失185戸、道路決壊288箇所、田畑浸水1,306町、船舶流失8隻であった。清水警察署調によると、土佐清水市の被害は死者7人、負傷者7人、家屋の倒壊165戸、半壊377戸、浸水200戸、道路決壊6箇所、田畑浸水17.6町に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土佐清水市史編纂委員会編「土佐清水市史 下巻」(土佐清水市、1980年)、712-714頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 死者 火災 理科年表
NO.
高知234

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日早暁、地震が発生し、その後の津波の襲来により、被害は県下全域に及んだ。高知市では特に地震による地盤沈下のために浸水家... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、大地震が起こった。安政地震以来92年目の大地震と言われた。高知県の被害は1月15日現在で死者670人... 続きを読む

昭和26年のケイト台風

昭和26年(1951)7月1日23時、ケイト台風が清水、宿毛間に上陸したが、その後急速に衰弱した。土佐清水市の瞬間最大風速は31.55m、日雨量は92... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海大地震が起こった。大方町と白田川村の被害は、死者30人、負傷者12人、家屋の倒壊261戸、半壊397... 続きを読む

昭和26年の豪雨

昭和26年(1951)7月7日~17日、梅雨前線豪雨。被害は死者2人、負傷者6人、家屋半壊2戸、床下浸水40戸、橋流失1箇所、堤防決壊6箇所、破損1箇... 続きを読む