宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県大月町
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日午前11時頃大地震が起こり、午後1時頃津波が押しよせ、翌5日晩まで到来した大津波は12回に達した。このため、土佐の国では死者1,844人など大きな被害を出したが、大月町ではかなりの集落が全滅であった。(「谷陵記」による)、
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大月町史編纂委員会編「大月町史」(大月町、1995年)、1323-1325頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 死者 谷陵記
NO.
高知239

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震により、土佐の国では海嘯のため2,000人が死亡したと言われる。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、南海道沖と東海道沖でM8.4の二つの巨大地震が発生した。土佐の国では大地震と大津波によって、山崩れ、崖崩れ、地割れ、液... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、南海道沖と東海道沖でM8.4の二つの巨大地震が発生した。土佐の国では大地震と大津波によって、山崩れ、崖崩れ、地割れ、液... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震が発生し、土佐の国全域が大きな被害を受けたと言われている。 続きを読む

宝永4年の地震による土砂災害

宝永4年(1707)10月4日、東南海地震(M8.4)と南海地震(M8.4)がほぼ同時に発生した。四国など太平洋岸では地震動と津波による甚大な被害を蒙... 続きを読む