安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
高知県宿毛市
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月5日、大地震が起こった。「甲寅大地震御手許日記」によると、津波が総曲輪の八反の大堤を押通って1丈の高さで水田内に入り、兜ばなより錦口までの間で10箇所ほどが切れ、与作池の西の石堤も潰れ、河戸堰の二番井流も被害を受けた。松田川を遡った津波は現在の宿毛小学校正門付近まで達した。また、大島浦では、洞泉寺の障子端まで津波が上がり、潰家は数知れず、流家は13、4軒に及んだ。津波ははいたか神社の石段の下から7段目まで達した。
地理院地図
Googleマップ
備考
大島のはいたか神社の石段には、宝永地震と安政地震の時の津波高を示す碑が建っている。(はいたかは偏が西と早、造りが鳥)
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宿毛市教育委員会編「河戸堰」(宿毛市教育委員会、1996年)、164頁及び167-168頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 甲寅大地震御手許日記 津波 総曲輪 河戸堰
NO.
高知246

よく似た災害

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日、大地震が起こった。寅の大変と言われる。「甲寅大地震御手許日記」によると、夕方地震が起こった後も、日没までに2回、夜中に... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日朝5ツ時に大地震があり、木岐では人々は大汐が来ることを用心して夜を明かした。翌5日夕7ツ時(午後4時)に大地震が起こり、... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日七ツ時(午後4時頃)より大地震となり、津波が打ち込み、浦々、城下とも人や家に大被害を与えた。12月10日、14日夜、30... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日午後4時過ぎ、大激震が起こり、ついで大津波が押し寄せた。入野の加茂八幡宮の境内にある「安政津浪の碑」によると、地震により... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日午後4時過ぎ、大地震が起こり、強烈な震動は約10分間続き、その後津波が来た。津波は3回来たが、2回目が特に大きかった。目... 続きを読む