天武天皇13年の地震

災害年月日
0684年11月26日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
天武天皇13年(684)10月14日、土佐国を震源地とした大地震が起こった。上下3千年を通じて稀に破壊的な大地震であった。文献によると、至る所で山崩れ河湧き、諸国の郡官舎及び百姓の倉庫、寺塔、神社等の破壊は数えきれぬほど甚大なもので、人民六畜の死傷おびただしく、国を挙げて男女叫唱、東西を知らずうろたえ、伊予の道後温泉は没して出なくなり、土佐国では田苑五十余頃が陥没して海となった。さらに11月3日には大海嘯が起こって、多くの運調船が失われた。須崎町史の記事も引用されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
南海大震災誌編纂委員会編「南海大震災誌」(高知県、1949年)、6-7頁及び12-13頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
白鳳地震 津波 死者 道後温泉
NO.
高知248

よく似た災害

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震が起こった。日本書紀によると、「人定まるに及んで大地震あり、挙国の男女わめき叫びて東西を知らず。山崩れ河湧き、... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震が起こった。日本書紀によると、「人定まるに及んで大地震あり、挙国の男女わめき叫びて東西を知らず。山崩れ河湧き、... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、大地震が起こった。日本書記には「人定におよびて大地震、挙国の男女叫唱東西を知らず、山崩れ、河涌き諸国郡官舎及び百... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、日本書紀によれば、大地震が起こり、諸国の官舎、民屋、寺塔、神社の倒壊するもの数知れず、人畜の損害も少なからず、「... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日亥の刻(午後10時頃)、大地震が起こった。国中の男女はさけびわめいてなすすべを知らなかった。山は崩れ河は奔流した。... 続きを読む