大正4年の大雨

災害年月日
1915年06月24日
市町村
高知県南国市
災害種類
風水害  
概要
大正4年(1915)6月24日、大雨により物部川中上流で100ミリを越え、下流は氾濫となった。立田村誌には「大雨洪水で山田堰西部の主要部を一掃、堰裏から小田島堤防まで615間半潰」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、80頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 物部川 洪水 立田村誌
NO.
高知3905

よく似た災害

大正4年の洪水

image

大正4年(1915)6月19日から25日まで雨が降り止まず、24日には物部川中上流で降水量が100ミリを越えたため、洪水が山田堰西部の主要棒を一掃し、... 続きを読む

大正4年の洪水

大正4年(1915)6月24日、梅雨による洪水のため、山田堰の右岸部損壊、堰裏から小田島堤防まで61間半壊。 続きを読む

昭和7年の大雨

昭和7年(1932)9月8日、低気圧が四国西部を通って北東進したため、大雨となり、洪水で死者20人、負傷者15人、家全半壊143棟の被害となった。 続きを読む

大正元年の大雨

大正元年(1912)9月21日、大雨により、土居町、風袋町、瓦町一帯の民家が浸水。(土器川の主な洪水の歴史による) 続きを読む

大正5年の大雨

image

大正5年(1916)8月1日、大雨洪水で金倉川が氾濫し、五条の雄装軒(おそのき)橋付近の堤防が崩壊した。水防従事中の琴平消防組の消防手が溺死、殉職した... 続きを読む