昭和2年4月の大雨

災害年月日
1927年04月03日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和2年(1927)4月3日、低気圧が南岸沖を通過し、大雨となった。1日から降り始めた雨は3日最も強く、4日午後まで続いた。芳生野方面で400ミリ、魚梁瀬で300ミリの雨量を記録し、四万十川は洪水となり中村方面で被害が発生した。浸水86戸、麦桑等2.6万延、平水より23尺、後川17.8尺。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、89頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 低気圧 四万十川 洪水 中村
NO.
高知3922

よく似た災害

昭和29年の台風

昭和29年(1954)8月18日、雨台風により、魚梁瀬では347ミリの降雨量を記録し、奈半利川は大増水した。 続きを読む

昭和32年の台風10号

昭和32年(1957)9月7日、台風10号が襲来し、四万十川は洪水となった。(「十和村史」による) 続きを読む

昭和34年の台風6号

昭和34年(1959)8月6日、台風6号が襲来し、四万十川は洪水となった。(「十和村史」による) 続きを読む

昭和39年の台風14号

昭和39年(1964)8月24日、台風14号が襲来し、四万十川は洪水となった。(「十和村史」による) 続きを読む

昭和39年の台風20号

昭和39年(1964)9月25日、台風20号が襲来し、四万十川は洪水となった。(「十和村史」による) 続きを読む