安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月4日朝8時に地震が始まり、1時間程続き、12時頃から夕方までに海岸地帯では大津波が10度押し寄せ、4回目の波が最高の1丈5尺に及んだ。翌5日は晴天で、午後10時頃大地震が始まり、これに続いて津波が起こった。震動の激しさと津波の大きさは、前日の3倍に達し、年貢米として道路上に積み重ねてあった米俵の山は悉く崩れてしまった程であった。地震は翌年8月まで断続し、海岸地帯は土地が約3尺沈下したと伝えられている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中野島小学校編「中野島の姿 第一輯」(中野島小学校、1951年)、16-17頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 年貢米 地盤沈下
NO.
徳島30

よく似た災害

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日午後4時から地震が始まり、翌5日は最も激烈で、人々は家にいたたまれず、籔に逃げるもの、庭前に小屋をかけてわらを敷いて露宿... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日午前9時頃、大地震があったが異変はなく、翌5日夕方に大震動とともに、家は壊れ、山が崩れた。震動が止むと、海岸地帯では津波... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日七つ時(午後4時頃)、大地震が起こり、しばらくして大津波があった。この時は、宝永地震の津波に懲り、地震が始まると同時に、... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日午前11時大地震が起こり、津波が7、8度押しよせたが人家までは来なかった。翌5日午後5時頃、未曾有の大地震が発生し、山崩... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日、5日の地震後の津波により、東由岐浦では24、5人が流されて亡くなった。東由岐「当屋帳」によると、4日午後2時頃地震があ... 続きを読む