昭和34年の大雪

災害年月日
1959年01月16日
市町村
高知県
災害種類
雪害  
概要
昭和34年(1959)1月16日~17日、大雪により、幡多郡地方は陸の孤島となった。積雪は梼原で32cm、東津野で20cm、江川崎で16cmを記録した。被害は死者1人、臨時休校59校、バス不通27箇所、高知の水道管破裂3,738件に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、133頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪 死者
NO.
高知4007

よく似た災害

昭和34年の大雪

昭和34年(1959)1月16日~17日、大雪となり、交通機関や農作物に被害を出した。幡多地方は陸の孤島となった。積雪は中村で3cm、江川崎で16cm... 続きを読む

昭和37年の大雪

昭和37年(1962)1月下旬、冷え込みが続き、各地で大雪となった。山間部では交通が止まり、小中学校が臨時休校した。積雪は梼原で60cm、東津野で34... 続きを読む

昭和44年の大雪

昭和44年(1969)3月12日、60年ぶりの大雪のため、臨時休校。 続きを読む

昭和48年12月7日の大雪

昭和48年(1973)12月7日、寒波の来襲で雪となり、山間部では臨時休校、バスの運休などの措置がとられた。7日9時の積雪は鳴門3cm、福原旭12cm... 続きを読む

昭和48年12月7日の大雪

昭和48年(1973)12月7日、寒波の来襲で雪となり、山間部では臨時休校、バスの運休などの措置がとられた。7日9時の積雪は鳴門3cm、福原旭12cm... 続きを読む