昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県勝浦町
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により、勝浦町では段々畑のミカン園の石積みや、高台で石垣をめぐらした住宅等に被害が出たが、詳細な記録はないので、それほど大きな被害ではなかったのではないか。ただし、横瀬町では横瀬橋、坂本橋、伝染病院などの復旧費1,772円、生比奈村では5,765円の復旧費が予算措置されているので、民家にも被害が出たと推察できよう。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
勝浦町史編集委員会編「勝浦町後史」(勝浦町、1981年)、193-194頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震
NO.
徳島41

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日未明、南海地震が発生。高知県内で、死者670人、負傷者1,836人、行方不明9人、住宅の全壊4,834戸、半壊9,0... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日の地震により、松山城天守閣の石垣が2箇所ふくらみ、本丸では平野屋根の瓦が落ち、壁にも被害が出た。家中屋敷では全半潰20軒... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、潮岬沖を震源とする南海道地震が発生した。脇町の震度は4で、美馬郡で死者11人、負傷者15人などの被害が出... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分、南海地震が発生し、土佐市内では宇佐を中心に死者・行方不明3名、負傷58名、家屋倒壊151戸、家屋半壊... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生し、香川県では死者51人、負傷者275人、家屋の全壊608戸の被害が出た。仁尾町では死者はなく、家屋... 続きを読む