慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日未亥の刻、海部郡鞆奥は月が空に冴え渡り、木々にそよぐ風は肌寒い夜であった。海鳴が頻りに轟いて、人々が何事かと恐怖の中にいた時、大きな浪が7回襲来し、見る間に男女百余人が海底に沈んだ。
地理院地図
Googleマップ
備考
鞆浦の大岩碑には慶長地震と宝永地震のことが記されている。
参考画像

参考文献
川内村編「川内村史」(川内村、1937年)、1271-1272頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
慶長地震 津波 死者
NO.
徳島56

よく似た災害

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日辰半刻(午前8時)より申上刻(午後3時)まで大地震が起こり、酉上刻(午後5時)頃より津波が襲った。170余人の人々が小... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震が発生し、土佐の国全域が大きな被害を受けたと言われている。 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震あり。(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録はない。) 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、地震と津波により、佐賀で被害があった。坂本家の記録によると、「地震潮入の時浜崎にあり、母を背負いて城山に逃る。祖先巻... 続きを読む

安政6年の地震

安政6年(1859)12月23日、大地震があった。古老の言い伝えによると、恐怖のあまり、竹やぶ、浜辺などに仮小屋を建てて避難したという。 続きを読む