昭和10年の洪水

災害年月日
1935年08月27日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)8月27日、大雨となり、夕方に至り風雨ともに激しく、両川(四万十川、後川)が次第に氾濫して交通は途絶した。28日には増水はますます猛烈になり、正午には日の出町に逆流して、不破は水が県道に迫り、右山沖の町道は水底になった。町内低所は階上浸水数尺に及び、町内の高所京町あたりでさえ2階に迫る程であった。四万十川鉄橋は橋台の頂上を洗い、後川堤防は余す所わずかに3尺、百笑、不破、角崎は大海のようであった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
中村市社会教育研究同好会編「私達の郷土 中村市(地誌編)」(中村市社会教育研究同好会、発行年不明)、116-117頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
大雨 四万十川 後川 洪水
NO.
高知4484

よく似た災害

明治19年8月の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃より東北の暴風雨となり、翌21日正午頃より水量ますます増加し、午後2時頃には家屋の浸水が始まり、家具、木材、... 続きを読む

寛弘6年の洪水

寛弘6年(1009)、四万十川で洪水。この洪水の時頃、佐田付近の四万十川の流れは漸次西に移って佐田西山麓に水勢が傾き、その反動によって水流は左折し、入... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から東北の暴風雨となり、翌21日にますます猛烈となり、正午頃から河水が増加して午後2時頃には市街地に浸水して... 続きを読む

明治19年8月の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から東北風の暴風雨となり、21日にはますます猛烈となり、正午頃から水量増加、午後2時頃家屋浸水、家具、木材、... 続きを読む

昭和10年の洪水

昭和10年(1935)8月28日、台風により、渡川は明治23年(1890)以来の大洪水に見舞われた。具同の水位は急速に増水し、28日午前7時の3m70... 続きを読む