昭和10年の洪水

災害年月日
1935年08月27日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)8月27日、台風に伴う集中豪雨により、後川右岸堤が切れて、中村町に洪水が流れた。警察は半鐘を鳴らして緊急避難を伝えた。町民は雨の中、古城山、一条神社、天神様、土生山へと避難し、2階にいる人たちは警察・消防団によって船で救助された。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
森栄著「渡川災害史と治水運動」(森栄、1987年)、95-103頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 集中豪雨 後川堤防決壊 緊急避難
NO.
高知4509

よく似た災害

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)、干ばつ。村民は雨乞いのため、神社に祈祷した。 続きを読む

安政4年の強風・洪水

安政4年(1857)、強風引き続き7昼夜に及び、村方は竹林に避難した。また、洪水により家屋が流失し、死者が出た。桜樹地域の山地は砂煙に包まれ、岩石が天... 続きを読む

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)、干ばつにより、村民は雨乞いのため神社で祈祷した。 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)、大地震が三昼夜続き、村民は竹林に避難した。 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)、大地震が三昼夜続き、村民は竹林に避難した。 続きを読む