大正7年の台風

災害年月日
1918年07月10日
市町村
高知県物部川流域
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)7月10日、台風により、家屋流失1戸、堤防決壊10間(18m)ほか半壊あり。(「高知工事事務所40年史」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
国土交通省四国地方整備局・高知県編「物部川水系河川整備計画」(国土交通省四国地方整備局・高知県、2010年)、15頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 物部川 堤防決壊
NO.
高知4701

よく似た災害

大正7年の台風

大正7年(1918)7月10日、台風による洪水のため、増水高2丈、家屋流失1戸、堤防決壊10間ほか半壊あり。 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風により、物部川下の橋(現物部川大橋)が流出したという。(「高知工事事務所40年史」等による) 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、台風16号(枕崎台風)により、物部川下の橋(現物部川大橋)が流出したという。(「高知工事事務所40年史」、「水害統計... 続きを読む

昭和57年の台風13号

昭和57年(1982)8月27日、台風13号により、深渕地点の流量は約2,700m/秒となった。強雨期間が長かったことから、物部川下流部でも6箇所で護... 続きを読む

昭和54年の台風16号

昭和54年(1979)9月30日、台風16号により、浸食を受けた仁井田地先の堤防が219mにわたり倒壊した。(高知工事事務所による) 続きを読む