安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県海陽町(宍喰町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日、5日に大地震が発生し、5日夕方には大津波が宍喰浦を襲った。田井税伯「震潮記」によると、「逆浪来ること三度、最初の潮は、あめやはり渕辺まで、二度の潮は、正田薬師森より一丁程下まで、……続いて三度目の潮が来たが、小さく一番潮位の事ですみ、それより続いて来る浪もなく、愛宕山へ逃げ登る者572人、その余は祇園八幡、又日比原、尾崎、広岡辺まで、家内別れ別れで逃げ散り、浜辺に居合わせた者はそのまま舟に乗ったが、逆浪に打ち返され、溺死す。」などと記されている。
地理院地図
Googleマップ
備考
「震潮記」については、田井家の子孫の妻・田井晴代氏によって平成18年に現代語訳が出版された。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宍喰町教育委員会編「宍喰町誌 上巻」(宍喰町教育委員会、1986年)、246-260頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 田井税伯 震潮記 死者
NO.
徳島121

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日、大地震と津波。「立田村誌」によると、4日では第二震の時の津波が高く、立田近くまで押し寄せてきたため、人々は山田方... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日午後4時から地震が始まり、翌5日は最も激烈で、人々は家にいたたまれず、籔に逃げるもの、庭前に小屋をかけてわらを敷いて露宿... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日午前9時、中揺りの地震が二度あり、潮が河の中ほどまで三度入ってきた。夜10時頃、中揺りの地震が一度あった。翌5日午後5時... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日午前8時、地震が起こった。翌5日5時に地震は激しくなり、家屋、土蔵はみな倒れた。この強震は半時間ばかりで微震となったが、... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日午前8時、地震が起こった。翌5日5時に地震は激しくなり、家屋、土蔵はみな倒れた。この強震は半時間ばかりで微震となったが、... 続きを読む