宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
徳島県海陽町(宍喰町)
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日午前11時頃から約2時間大地震が続き、家々は陥没し、土蔵の壁は落ち、鴨居は外れて大被害を受けた。土地は所々で裂け、水が湧き出て、川や井戸の水が溢れ出た。しばらくすると川や井戸の水は引いて涸れてしまった。海岸も潮が引き、干潟になった。やがて矢を射るような早さで潮が押し寄せてきた。人々は慌てて愛宕山に逃げ登った。12時頃大潮が街に入り、町内の家も蔵も流れ去った。溺死した男女11人、漁具も全部流失した。(宍喰浦旧記」による)
地理院地図
Googleマップ
備考
愛宕山は現在も津波避難場所になっている。
参考画像

参考文献
中島源著「宍喰風土記」(平和印刷所、1969年)、45-47頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 死者 宍喰浦旧記
NO.
徳島137

よく似た災害

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日午前11時、大地震により、弱い家や土蔵は崩れ、強い家や土蔵の壁は落ち、鴨居は離れて、人々は愛宕山に逃げ上った。地は裂け、... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の大地震が起こった。県内の死者1,844人、津波等で流出した家が11,170軒、潰れた家4,869軒と伝えられ... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日午前10時頃、大地震が起こった。山々は崩れ、大地は割れ、潮水はあふれ出て、人家は倒壊し、山里の者は崩れた土砂や岩石に打た... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午前10時頃、大地震が起こった。山々は崩れ、大地は割れ、潮水はあふれ出て、人家は倒壊し、山里の者は崩れた土砂や岩石に打た... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日午前9時、大地震が起こった。山は崩れ、家は倒れ、大地の割れ目から潮が湧いた。その上、午後1時から大潮が来て、家屋は全部流... 続きを読む