安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県海陽町(宍喰町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日に地震が、5日には大地震と大津波が起こった。田井税伯「震潮記」には、このような場合には決して船に乗ってはならない、船に乗った多くの人は溺死している、できるだけ早く近くの山に逃げ登ることが肝要で、逃げ遅れた者は命をなくしていると記されている。この地震・津波による宍喰浦の被害は、総戸数271戸のうち、家屋流失141戸、倒壊15戸、潮入被害80戸、流死8人、漁船流失9隻、大破15隻などである。
地理院地図
Googleマップ
備考
愛宕山は現在も津波避難場所になっている。
「震潮記」については、田井家の子孫の妻・田井晴代氏によって平成18年に現代語訳が出版された。
参考画像

参考文献
中島源著「宍喰風土記」(平和印刷所、1969年)、45及び47-52頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 死者 田井税伯 震潮記
NO.
徳島139

よく似た災害

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)、南海地震が発生した。徳島市南沖洲の蛭子神社境内には、地震後建立された百度石がある。石の劣化がひどいが、「蛭子神社記」によると、津... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日午前9時頃、遠州灘を震源とするM8.4の大地震が起こり、さらに32時間後の5日午後4時頃に同規模の地震が紀州沖で発生した... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝五ツ半時、大地震が半時ばかり甚だしく、甲浦の港では小船等を打ち上げたが、人家の庭まで来ずに引き潮になった。また、翌5日... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日、5日に大地震が発生し、5日夕方には大津波が宍喰浦を襲った。田井税伯「震潮記」によると、「逆浪来ること三度、最初の潮は、... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月5日午後5時頃、大地震が起こった。8、9度の大津波に見舞われた宇佐町では、死者70余人、残った家はわずか60、70軒であった... 続きを読む