慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
徳島県海陽町(海南町)
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、M7.9地震、津波。(「宿命の浅川港」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
海南町史編さん委員会編「海南町史 下巻」(海南町、1995年)、449頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
慶長地震 津波 宿命の浅川港
NO.
徳島153

よく似た災害

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、M8.6地震、(「宿命の浅川港」による) 続きを読む

承徳3年/康和元年の地震

承徳3年/康和元年(1099)1月24日、M8.0地震。(「宿命の浅川港」による) 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

康安元年/正平16年(1361)6月24日、M8.4地震。(「宿命の浅川港」による) 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武13年(684)10月14日、M8.4白鳳地震による津波。(「宿命の浅川港」による) 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、M8.1地震、津波。(「宿命の浅川港」による) 丸山盛夫氏の津波体験記によると、津波により浦上川に沿って須賀崎、東... 続きを読む