明治35年の洪水

災害年月日
1902年09月00日
市町村
徳島県阿波市(阿波町)
災害種類
風水害  
概要
明治35年(1902)9月、洪水により鎌保庵東方の2戸の家が流され西の首の竹やぶにかかって止まった。この時、隣家4戸は流失した。また、東川原では24戸のうち半数の12戸が流失し、小股筋でも家屋9戸が流失した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
林町誌編集委員会編「林町誌」(林町、1955年)、568頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 鎌保庵 東川原 小股
NO.
徳島1618

よく似た災害

明治43年の洪水

明治43年(1910)9月20日より22日夕方まで大雨、大洪水。山城谷村では数箇所崩壊し、川口では一家5人が埋没して死亡し、2戸が流失した。また、相川... 続きを読む

寛政3年の台風

寛政3年(1791)8月20日、台風、洪水により、弦打村では飯田の東川原で堤防が60間決壊し、耕地5町歩と民家1戸が流失、3戸が浸水した。北部では徳栄... 続きを読む

明治29年8月の台風

明治29年(1896)8月30日の暴風雨で、阿讃山脈南斜面の降雨量は132ミリとなり、大谷川が氾濫、午前4時頃、現在の役場付近から南へ約540mの堤防... 続きを読む

昭和10年の洪水

昭和10年(1935)8月29日、四万十川は明治23年(1890)以来の大洪水となった。川登地区では四万十川の平水位7.5mに対して、29日未明の洪水... 続きを読む

明治29年9月の洪水

明治29年(1896)9月11日、大谷川で堤防120mが破れ、人家5戸が流失した。 続きを読む