昭和8年の落雷

災害年月日
1933年00月00日
市町村
徳島県阿波市(市場町)
災害種類
その他(落雷)  
概要
昭和8年(1933)、落雷により鴻の巣の大松が大裂傷した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
市場町史編纂委員会編「市場町史続編」(市場町史続編編纂委員会、1955年)、204頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
落雷
NO.
徳島1646

よく似た災害

昭和14年の落雷

昭和14年(1939)、落雷により香美のある農家が大事に至らんとすることがあった。 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、台風(最低気圧710.7ミリメートル)により香美の名木鴻の巣の松をはじめ町内各神社の多数の大木が倒伏した。道路・耕地・... 続きを読む

昭和23年の落雷

昭和23年(1948)、落雷により牛輪で大けが。 続きを読む

昭和38年6月の落雷

昭和38年(1963)6月30日、落雷により、6,000個が停電、1戸が全焼した。(四国新聞による) 続きを読む

昭和8年の落雷

昭和8年(1933)8月、10日間の雷雨があり、坂野村では27日に落雷により1名が死亡した。 続きを読む