天保2年の地震

災害年月日
1831年00月00日
市町村
徳島県つるぎ町(半田町)
災害種類
地震・津波  
概要
天保2年(1831)、京都大地震、半田では行灯の火が消えたという。(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録はない。)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、1077頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震
NO.
徳島193

よく似た災害

天平6年の地震

天平6年(734)6月4日、大地震。(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録はない。) 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、土佐沖大地震。(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録はない。) 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震あり。(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録はない。) 続きを読む

寛永4年の地震

寛永4年(1627)10月4日、地震と津波。(「阿波志」による)(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録はない。) 続きを読む

文政11年の地震

文政11年(1828)11月22日、大地震。(「徳島県史」による)(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録はない。) 続きを読む