明治23年の水害

災害年月日
1890年00月00日
市町村
徳島県海陽町(海部町)
災害種類
風水害  
概要
明治23年(1890)、念願の奥浦大堤防が完成した秋、大雨が続き海部川が氾濫して、奥浦大堤防の対岸の川東・川西村で浸水家屋175戸、冠水田畑256町歩余の被害が出た。かねてから奥浦大堤防築造に反対していた川東村民は、県知事に撤去を要請した。県知事は撤去の議案を県会に提出したが、県会は否決した。しかし、結局、明治25年の保瀬切れによる水害を契機として、奥浦大堤防は取り払われることになった。
地理院地図
Googleマップ
備考
奥浦の楠神社には奥浦堤防の完成を記す治水記念碑が建立されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
海部町史編集部編「海部町史」(海部町教育委員会、1971年)、180頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水害 奥浦大堤防 海部川 保瀬切れ
NO.
徳島1729

よく似た災害

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月、洪水により海部川左岸の川東・川西両村で浸水家屋175戸、冠水田畑256町歩という被害が出た。これは、海部川右岸の奥浦村民が... 続きを読む

昭和12年の水害

昭和12年(1937)、宍喰川の旧正梶堰下の左岸堤防が決壊した。宍喰川幹流は準用河川となっていたため、堤防工事費4千円は県費支弁で施行され、川幅も広げ... 続きを読む

明治32年の台風

image

明治32年(1899)8月28日の別子山村の風水害は、別子銅山の鉱害に原因があるとして、技師を派遣して調査させることを要求した建議が、12月12日に愛... 続きを読む

明治38年の風水害

明治38年(1905)7月、風水害夥し、宇摩・新居・越智の3郡殊に甚だし、9月臨時県会を開き、復旧工費38万余円を可決す。(「愛媛県誌」による) 続きを読む

明治23年の水害

明治23年(1890)9月10日から降り始めた雨は11日も続き、新荘川の水量は平水より2丈余の高水となり、堤防が決壊して田畑、人家を押し流し、一夜にし... 続きを読む