安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県つるぎ町(半田町)
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震。5日7ツ時(午前4時)より夕方まで何度も地震。6日9ツ時まで大小4回地震。7日朝よりゆうまで6、7度、夜中に5、6度地震。14日、地震なお続く。(「敷太家記録」、「徳島県の歴史」による)(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録はない。)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、1077頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 敷太家記録
NO.
徳島194

よく似た災害

享保13年の地震

享保13年(1728)9月1日、阿波国地震。(「徳島県史」による)(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録はない。) 続きを読む

文政11年の地震

文政11年(1828)11月22日、大地震。(「徳島県史」による)(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録はない。) 続きを読む

明治38年の地震

明治38年(1905)6月3日、強震。(「徳島県史」による)(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録はない。) 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

image

康安元年/正平16年(1361)7月24日、南海道大地震、海部郡の雪(由岐)の湊1,700戸海に沈む。(「徳島県史」による)(ただし、半田町では地震に... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日~5日、大地震が起こった。阿波国には安政大地震に関する旧記録は少ないが、野田定五郎氏の記録によると、11月4日四ツ時、大... 続きを読む